半径測定器の特長とラジアスゲージとの違い 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 特殊用途ノギス > 半径測定器の特長とラジアスゲージとの違い

半径測定器の特長とラジアスゲージとの違い

半径曲面の外周に当てるだけで半径が測れる測定器です。

半径測定器
特長
  • ラジアスゲージのように複数のサイズのリーフを揃える必要がなく、1回当てるだけで、半径(R)0.5mm〜150mmまで測定が可能です。
  • 測定対象物の3点を接触させることにより、正確な半径(R)測定が可能です。
  • 板金、成形、切削加工時などの半径(R)の確認、検証用として使用します。
    半径測定器
ラジアスゲージと半径測定器の違い
ラジアスゲージと半径測定器の違い

半径曲面を測定する工具として半径測定器とラジアスゲージがあります。

  • 半径測定器
    測定物に1回当ててその数値(半径)を測るものです。
  • ラジアスゲージ
    測定対象となる製品の丸み部分に実際にゲージの測定部を当てて比較測定するものです。
    ゲージの各ブレードにはR(半径)が刻印されており測定対象のR部に合うブレードを探します。
  • 測定範囲を確認してください。
    例)外周半径(R)0.5mm〜150mmまで
  • 最小読取値を確認してください。
    例)半径(R)0.1mmまで
  • 器差を確認してください。(測定器の示す値と、それが本来示すべき真の値との差のことです)
    例)半径(R)±0.2mmまで