パンクズ工具の通販モノタロウ > チューブベンダー/パイプベンダー > チューブベンダーの特長と使用方法

チューブベンダーの特長と使用方法

チューブベンダー

銅・ステンレス・アルミなどの配管をきれいに曲げる工具です。

チューブベンダー
特長

チューブベンダーは外径規制管を曲げ加工するのに
適しています。
内径規制管の曲げ加工には、油圧ベンダーを使用します。

  • 外径規制管とは…
  • 比較的軟質で薄肉です。
    ※冷媒配管や水道配管などに使用されています。
  • 内径規制管とは…
  • 硬質で厚肉です。※ガス管などに使用されています。
チューブベンダーの使用方法

●0点の使い方
(お客様の指定の角度に曲げる場合)

0点の使い方
  1. 180°に曲げる場合
  2. 0点をホイールの0°に合わせて所定の角度の目盛(この場合180°)までハンドルを回します。
  3. 図のような180°の曲げ加工ができます。

●Lマークの使い方
(ベンダーのフックより前方に指定寸法をとり、90°曲げする場合)

Lマークの使い方
  1. 図のように前寸法(50cm)をとって曲げる場合
  2. 前寸法(50cm)を計り、マークをつけます。
  3. マークをベンダーシューのLマークに合わせて曲げます。
  4. 配管の中心を軸に50cmの前寸法をとった90°曲げができます。

●Rマークの使い方
(ベンダーのホイールより後方に指定寸法をとり、90°曲げする場合)

Rマークの使い方
  1. 図のように後寸法(40cm)をとって曲げる場合
  2. 後寸法(40cm)を計り、マークをつけます。
  3. マークをベンダーシューのRマークに合わせて曲げます。
  4. 配管の中心を軸に40cm後寸法をとった90°曲げができます。
  • 曲げ加工を行うチューブの材質を確認してください。(銅管・ステンレス管鋼管など)
  • チューブの外径、肉厚(mm)を確認してください。
  • 用途に合わせてベンダーの種類を選んでください。