パンクズ工具の通販モノタロウ > バルブ > 塩ビ製ボールバルブの種類と特長

塩ビ製ボールバルブの種類と特長

金属では実現できない耐食性・耐薬品性に優れたプラスチックバルブです。

塩ビ製ボールバルブ
特長
  • 半導体工場の超純水ラインや化学工場設備の生産ラインでは欠かすことのできないバルブです。耐食性、耐薬品性が求められる配管ラインに使用されます。
  • 樹脂バルブの本体材質は一般的に硬質塩化ビニール(U-PVC)が多く、特性として、一部を除く大部分の酸・アルカリおよび塩に対し、広範な濃度にわたり耐性を持っています。
    使用例
ボールバルブの種類
  • ボールバルブ
  • ボールバルブ
  • ユニオンナット式のため、施工後に本体の取り外しができ、補修・点検が可能です。
    ボールバルブ
  • ロックボールバルブ
  • ロックボールバルブ
  • 面間(全長)が短くコンパクト構造のため、せまい場所の配管に適しています。

  • ミニボールバルブ
  • ミニボールバルブ
  • 小口径の配管に適しており、ホース受口の場合は、φ8〜φ16まで1つの製品で対応できます。
  •  
注意事項エア(気体)の配管ラインでは使用できませんので注意してください。
  • 相手側のパイプ径と形状を確認してください。
    種類
  • 弁内のシール材質をご確認ください。(EPDMまたはFKM)