工具の通販モノタロウ > バッテリー > 充電制御車用バッテリーとは

充電制御車用バッテリーとは

近年急速に増加している充電制御車は、バッテリーの充電と充電停止を切り替えることでエンジン負荷を軽減させることができる自動車です。 燃費性能が向上する反面、充電と放電を短時間で繰り返すためバッテリーへの負荷が高く、充電受入性の高い特殊なバッテリーを必要とします。その仕組みや特色はどのようなものでしょうか。

従来の自動車と充電制御車の違い

従来の自動車と充電制御車の違いは、バッテリーの充電方式にあります。

従来の自動車のバッテリー充電方式は、バッテリーが満タン状態であっても常に発電機(オルタネーター)が稼働し続け、充電を継続するものでした。 これに対して充電制御車は、一定の充電制御区間を設け、コンピュータ制御でバッテリーの充電と充電停止を切り替えるものです。 バッテリーが充電制御区間の上限まで充電されると、発電機の稼働を停止してバッテリーのみから電気供給を行い、やがて充電制御区間の下限まで放電されると再び充電を開始します。 こうして発電機の無駄な稼働をなくすことで、燃費向上を実現しているのです。

近年、自動車の燃費性能が消費者の重要な検討事項となった結果、現在では新車のほぼ100%がこの充電制御車であると言われています。 充電制御車は、車検証に記載されている車輌型式が「CBA」または「DBA」から始まるものが該当車です。 また、リアウインドウに「低排出ガス車」「燃費基準達成車」などのステッカーが貼ってある自動車も、もしかすると充電制御車かもしれません。

充電制御車のメリットとデメリット

近年主流となってきている充電制御車ですが、メリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

充電制御車の充電システムにおいては、バッテリーの残量が一定水準に保たれている間は発電機の稼働を休めることができます。そのため、エンジンへの負荷が軽減されるとともに、燃費が向上するという大きなメリットがあるのです。

反面、充電停止中には電気の使用をバッテリーのみに頼るため、バッテリーへの負担は必然的に大きくなります。 また、短時間での充電と放電を頻繁に何度も繰り返すことはバッテリーにとっては過酷な負荷となるため、大容量かつ充電受入性の高い高性能バッテリーが必要不可欠です。

充電制御車用バッテリーとは

では、充電制御車で使用される充電制御車用バッテリーとはどういった特色をもつ製品なのでしょうか。

自動車では、ヘッドライト・カーナビ・オーディオなど、さまざまな機能の動作をバッテリーからの電気の供給に頼っています。したがって、バッテリーの負担は大きく、大容量で充電受入性の高い高性能のバッテリーが必要です。

充電制御車用バッテリーは、充電と放電を繰り返す環境に耐えるために開発されました。短時間ですみやかに充電を行うことができる高速充電式のバッテリーで、近年は高性能を誇る製品が多く誕生しています。 従来のバッテリーに比べて1.5倍から2倍近い高速充電性能を持ち、しかも高寿命化も進んでいるのです。

また、充電制御車以外でも充電制御車用バッテリーのメリットはあります。長時間走行をしないチョイ乗りドライバーや、乗車機会の少ないサンデードライバーの場合、バッテリーへの充電が不十分となる場合があるからです。 短い時間で高い充電性能を誇る充電制御車用バッテリーは、そんな場合にも便利なバッテリーでしょう。

バッテリー

バッテリーのメンテナンス

高性能バッテリーを使用していても、バッテリートラブルはある日突然やってくるかもしれません。しかし、ちょっとしたメンテナンスをするだけで、不意のトラブルを避けることができます。

液面

バッテリー液の補充は最も初歩的なメンテナンスです。バッテリーの液面の水位を確認し、最高液面線から最低液面線の中間以下に下がっている場合は、ただちにバッテリー液を補充しましょう。

外観

バッテリー本体にヒビや割れが生じていたり、液漏れ、キャップの排気口に汚れが付着していたりする場合などは、バッテリーを整備しなければなりません。必要に応じて交換するようにして下さい。

取付金具

バッテリーの取り付けが緩んでいる場合は、締め直しが必要です。金具が緩んでいないか確認しましょう。

<まとめ>

年々高性能化する自動車業界において、充電制御車はすっかり主流となりつつあり、優れたバッテリー充電方式は燃費向上に大きく寄与しています。反面、バッテリーには大きな負荷がかかるため、充電制御車では特にバッテリーの性能やコンディションに注意して整備を行うよう心がけましょう。