パンクズ工具の通販モノタロウ > ガス採取・発生 > ガス採集器の特長と測定手順

ガス採集器の特長と測定手順

様々な分野・現場での気体(ガス)の濃度を測定します。

ガス採集器
特長
  • 簡単操作で、その場で短時間に測定可能です。
  • 取り付ける検知管を変えることで、様々な気体測定が可能です。また同一気体でも測定範囲により複数の種類があります。
  • 各種工場の作業環境測定や工程における濃度測定などで利用されています。
測定の手順
測定の手順
  1. 気体採取器に対象気体の検知管を取り付けます。
  2. ハンドルを引き、気体を吸引します。
  3. 測定気体と反応し、検知管が変色、変色の境界と目盛から濃度を読み取ります。
  • 測定対象気体を確認してください。
  • 測定範囲(ppm)を確認してください。
    ※ppm(パーツパーミリオン)とは、100万分のいくらであるかという割合を示す単位です。主に濃度を表す時に用いられます。