パンクズ工具の通販モノタロウ > ベアリング > ベアリングの仕組みと分類

ベアリングの仕組みと分類

ベアリング(軸受)

荷重を受けながら回転する軸を支持する機械部品です。

ベアリング(軸受)
特長

ベアリングとは回転時の摩擦をできるだけ小さくするための部品で、回転部分には欠かせないものです。
主な特長として摩擦を減らすことで、機械が働く効率を
高くする、機械の寿命を長くする、焼き付けを防ぐことで機械の故障をなくすことです。

ベアリングのしくみ
ベアリングのしくみ

ベアリングは内輪、外輪、転動体(転がるもの)、保持器(転動体が正しく回るように位置を決めるもの)から構成され、転動体には「玉」と「ころ」があります。
玉(ボール)は点で力を受けるので高速回転に向いています。
ころ(ローラー)は線で力を受けるので主に力がかかるところに
向いています。

転がり軸受の分類
転がり軸受の分類
ベアリングが受ける力

ベアリングが受ける力には2つあり、軸に対して直角方向に受ける力を「ラジアル荷重」といい、この力を受ける軸受を
ラジアル軸受と呼びます。
また軸に対して同じ方向の力を「アキシアル荷重」といい、この力を受ける軸受をスラスト軸受と呼びます。

シールの役目

ベアリングにはシールというゴムや鉄板のフタがあり、ゴミの侵入や油漏れを防ぎます。シールには内輪と触れる接触型と
触れない非接触型があります。
接触型はすき間がなく密閉性が高いが回転時の摩擦が大きいです。(ゴミの侵入や油漏れ防止を優先する時に使用します。)
非接触型は摩擦は小さいが、接触型と比べ密閉性が低いので、接触型よりも摩擦を減らし、ゴミの侵入や油漏れもある程度
防ぎたい時に使用します。

  • サイズ(内径×外径×幅)(mm)を確認してください。
  • ベアリングのタイプを確認してください。
    ・ラジアル軸受(玉軸受/ころ軸受)      ・スラスト軸受(玉軸受/ころ軸受)
    ・テーパー軸受(円すいころ軸受)        ・他にもいろいろなタイプの軸受があります。
  • 軸受の構造を確認してください。
    ・開放型        ・密封型(ゴムシール/鉄板シール)