エアーアングルグラインダーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > アングルグラインダー > エアーアングルグラインダーの種類と特長

エアーアングルグラインダーの種類と特長

平面研削・面取り・ビード取り・バリ取りなどに使用する空圧工具です。

エアーアングルグラインダー
特長
  • 研削砥石を取り付けて使用します。
  • ロール式
    回すと始動します。
  • ビードとは
    溶着材が溶けて溶接継目にできる盛り上がった帯状部のことです。
  • バリとは
    フライス切削が穴あけ、研磨、旋盤加工などの切断・切削の際に、加工面に生じる不要な突起のことです。
    使用例
エアーアングルグラインダーのバリエーション
エアーアングルグラインダーのバリエーション
  1. レバー始動式もあります。
  2. 作業に応じてハンドル付もあります。

長く使用するには…

  • 定期的に給油を行うと寿命が延びます。
  • 定められたニップル、ホース継手を使用してください。
  • 砥石カバーは必ず着用してください。
  • グラインダーの周速に適合した砥石を使用し、回転数には充分注意してください。
  • 使用空気圧を規定以上にして使用しないでください。
  • 取付可能な砥石の寸法(外径×厚さ×内径)(mm)を確認してください。
  • 始動方法を確認してください。(ロール式またはレバー式)
  • 加工対象物の材質を確認し、適切な砥石を選んでください。
  • 用途に合わせてグラインダーの回転数(min-1)を確認してください。
  • 適切な空気圧力(MPa)のエアー源を確保してご使用ください。
  • ホース口金取付ねじ寸法を確認してください。