工具の通販モノタロウ > コーススレッド > コーススレッドの選び方

コーススレッドの選び方

コーススレッドは、ネジ山の間隔が大きく、ネジの溝も深く、強固な締結が得られることが特徴の木工用ネジです。コーススレッドにはネジの溝の入り方によって2つのタイプがあり、それぞれのタイプごとに用途や役割が異なっています。コーススレッドの種類や、選び方、長さの基準について見てみましょう。

コーススレッドとは

コーススレッドとは、強力な締結力を特徴とする木工用の木ネジ(ビス)の一種です。コーススレッドは一般的なネジとは異なり、尖った先端と、深くて幅広のネジ山を持ち、木材などの材質に自ら食い込みながら打ち込まれます。

コーススレッドは、スリムビスなどの一般的なビスとよく似たネジです。両者は共に尖った先端とネジ山を持つビスですが、コーススレッドはネジ山の深さが最大の特徴となっています。 コーススレッドのほうがより粗く深いネジ山を持っており、このネジ山が打込みたい木材の肉をしっかりと捕まえ、すばやく強固に締結することが可能です。コーススレッドは、インパクトドライバーなどで木材に打ち込んで締結するのによいでしょう。

コーススレッドの種類と選び方

コーススレッドは、その使用状況に合わせて2つの種類に分類することができます。それぞれの特徴と、シーンに応じた選び方について見ていきましょう。

半ネジと全ネジの違いについて

コーススレッドには、ネジ山の溝の入り方によって半ネジと全ネジの二種類があります。半ネジとは、コーススレッドの先端部分から途中までに溝が彫られ、それ以降はストレート形状となっているタイプです。 木材同士の接合を行いたい場合、この半ネジタイプのコーススレッドを使用します。打込みの際はネジの頭の側にネジ山が刻まれていないため、木材同士をしっかりと強固に接続することができるのです。

全ネジとは、半ネジとは異なり、先端からネジ頭までの全長にネジ山が彫られているものです。木材同士の接合を行いたい場合、全ネジタイプのコーススレッドでは木材同士がガタついてきちんと接合できないので注意して下さい。 これは、コーススレッドの全体が常に同じ強さで木材を掘り進めるわけではありません。ネジ頭付近の掘り進む力は強く、先端付近の掘り進む力はより小さくなるからです。

  • 半ねじ
  • 半ねじ
  • 全ねじ
  • 全ねじ
全ネジによる木材の接合

どうしても全ネジを用いて木材同士の接合を行う必要がある場合、接合する木材同士をあらかじめボンドで固着しておいたり、クランプや万力で強く固定したりしてからコーススレッドを打込みます。

半ネジと全ネジの接合強度の差

半ネジと全ネジの強度は、打ち込んだ時点ではほとんど変わりません。しかし、長期間経過した場合、木材の痩せによって半ネジタイプではネジ山のない部分でコーススレッドと木材との間に余裕ができ、ガタツキが起きる可能性があります。

コーススレッド本体の強度

コーススレッド本体の素材は強度に大きな影響を与えます。硬い木材に打ち込む場合は、柔らかいコーススレッドを使用すると、ネジ頭がつぶれてしまったり、軸が歪んでしまったりというトラブルが起きがちです。ステンレスのように、十分な強度がある材質のコーススレッドを選択しましょう。

コーススレッドの長さ基準

コーススレッドには、25mm程度から150mm程度までさまざまな長さの製品があります。木材同士の接合などを行いたい場合、どれほどの長さの製品を選択すればいいのか迷ってしまうかもしれません。ここでは、コースレッドの長さの基準についてご説明しましょう。

コーススレッドで接合するときは、コーススレッドが取付物(取り付けたい部材)を貫通することはもちろんのこと、その先の木材(木下地)にしっかりと十分に食い込むことが必要不可欠です。このとき、十分な食い込みを得るために必要なコーススレッドの長さは、「取付物の厚み+20mm以上」を目安としましょう。

ただし、取付物の厚みが20mmよりも大きい場合は例外的な対処が必要です。この場合、「取付物の厚みの2倍以上」の長さをもつコーススレッドで対応して下さい。

<まとめ>

コーススレッドは、木材に対して強固な接合が得られる基本的な部材です。取付材や木材の厚みを考慮しながら適切なタイプの製品を選択して、効果的に接合を行うようにしましょう。