工具の通販モノタロウ > 補修・シーリングテープ > シールテープの役割と巻き方

シールテープの役割と巻き方

シールテープは配管のつなぎ目に使うテフロン製のシールです。凹凸がある部分にも密着するので、オイル漏れなどを防ぐためにさまざまな配管の保護に使われています。ここでは、シールテープの役割や正しい巻き方を見てみましょう。

シールテープの役割

シールテープは、水道管・空気管・油圧の配管などのつなぎ目となるネジ山に活用し、配管同士を密着させるために使います。通常、配管の接続部はねじ切られており、それぞれをかみ合わせても完全に密着させることはできません。 すると、わずかな隙間が生じてしまい、配管内に流れる水や空気、油などが漏れ出してしまいます。それらが流れ出ないようにシールテープを使い、配管接合部の漏水・漏気・漏油を防ぐのです。

また、シールテープに使われている素材は、ポリテトラフルオロエチレン(テフロン)です。この素材はフッ素樹脂で、耐熱性や耐薬品性に優れています。薄いテープ状のシールがリールに巻かれて販売しているので、配管のサイズに切って使用可能です。

シールテープの巻き方

シールテープをパイプのネジ山に使用する場合の巻き方を見てみましょう。

まず、パイプの端面からネジ山を一山外し、6〜7回巻きつけ切断して下さい。

次に、ネジ山に指で押すと、そのネジ山部分にテープが食い込みます。押しつける時は、ネジ山でケガをする場合がありますので、手袋をはめて作業しましょう。

ネジ山でケガをする場合がありますので、手袋をはめて作業しましょう。

最後にテープをねじこんだら仕上がりを確認して終了です。また、ネジ継手の呼び径に応じて巻数を加減し、仕上げが荒い場合は数回余分に巻いて下さい。

なお、ネジ継手の呼び径と必要巻数は次のとおりです。

ネジ継手呼び径が1/8インチ(6A)の場合、幅8mm、厚さ0.1mmとなるように巻きます。2インチ(50A)以下なら幅13mm、厚さ0.1mmです。3インチ(80A)の場合は、幅13mm、厚さ0.1mmとなるよう調節します。巻数(回)はどれも6〜7回で、面積が広い場合は+αとして下さい。

また、シールテープを巻く場合の注意点も見てみましょう。

ネジ山は右回り(時計回り)で締めるため、シールテープも同じ方向で巻きます。巻きはじめは雄ネジの先端から巻きはじめ、数回巻いたらネジの根元に向かって巻いていきましょう。 もし反対方向にシールテープを巻いてしまうと、雌ネジにかみ合わせる際にシールテープが外れてしまうため注意が必要です。また、先端部からシールテープがはみ出し、ネジ山の先端が隠れている状態は、切れ端が配管に入り込み故障の原因となるため、このようにならないように巻いて下さい。

パイプの端面からネジ山を一山はずして6〜7回巻きつけ切断してください。

パイプの端面からネジ山を一山はずして6〜7回巻きつけ切断してください。


指で軽くネジ山に押しつけると、テープが簡単にネジ山にくいこみます。

指で軽くネジ山に押しつけると、テープが簡単にネジ山にくいこみます。

※押しつける時に、ネジ山でケガをする場合がありますので、手袋をはめて作業してください。


ねじこんで仕上りを確認します。

ねじこんで仕上りを確認します。

※ネジ継手の呼び径に応じて巻数を加減してください。

※仕上げが粗い場合は、数回余分に巻いてください。


ネジ継手の呼び径と必要巻数
ネジ継手呼び径 幅(mm) 厚さ(mm) 巻数(回)
1/8インチ(6A) 8 0.1 6〜7
(面積が広い場合は+α)
2インチ(50A)以下 13 0.1
3インチ(80A) 13 0.1

<まとめ>

シールテープは、配管同士をつなぎ合わせる際に使用し、水や空気、油などが漏れ出さないために使います。しかし、巻き方にも注意が必要で、間違った方法でやると漏れの発生や、切れ端が配管内に入り込み故障の原因となるため、必ず正しいやり方で巻きましょう。


『補修・シーリングテープ』に関連するカテゴリ