パンクズ工具の通販モノタロウ > チップ > 旋削工具の選び方(ツーリング)

旋削工具の選び方(ツーリング)

チップ選びのポイント

加工物をどの工具で削るか選択することをツーリング(Tooling)と言います。
その選択はどのように行うのか、基本となるポイントは次のようになります。

外径の加工には

<両面チップを使う>裏と表が使えて得

ネガチップとも呼ぶ
両面チップCNMG  TNMG  DNMG  など

  • 一般的に刃が強いと言うことは…
  • 欠けにくい
  • 切り込みを増やせる
  • 送りを上げれる
信頼性が高いので外径加工に最適

例外として、片面チップを使う場合は、

  • 細い外径でビビる心配があるもの
  • 20mmや30mmの径を加工する時
片面チップを使う場合


内径の加工には

<片面チップを使う>切れ味が良いので仕上げに最適

ポジチップとも呼ぶ
片面チップCCMT  TCMT  CPMX  など

  • 一般的に切れ味が良いと言うことは…
  • ビビリにくい
  • 綺麗に仕上げられる
  • 寸法を出しやすい
ビビリにくいので内径加工に最適

例外として、両面チップを使う場合は、

  • 大きい内径でビビる心配がないもの
  • 25mm以上のボーリングバーを使う時
両面チップを使う場合

機械によって決まること

どんなサイズのバイトが取り付けられるか。     →

作業

取り付けサイズが決まっているので、
それを確認します。

バイトのサイズが決まります。

バイトのサイズ

最も一般的なサイズ
2525サイズ
高さ、幅は普通25mm


馬力が小さいか、大きいか、古いか、
新しいか、ガタがあるか、ないか
    →

切削条件を控え目にするか、バリバリ削れるかの加工条件が決まります。
(切り込み、送り、切削速度の条件を調整します)

加工物の図面によって決まること

★形状から、加工の方向を考え、どのバイトが使えるかを検討します。

図面
作業

(A)加工の方向に矢印を付けます。
(B)その矢印をまとめます。(棒でかこむ)
(C)バイト加工方向一覧表の中からどのバイトが使えるか選びます。

                            ↓

機械チャック

その矢印の方向に使えるバイトのタイプが決まります。

                            ↓


●第1工程
      荒加工/仕上加工

第1工程


●第2工程
      荒加工/仕上加工

第2工程

※DCLN R/L、DWLN R/Lの場合
メーカーカタログには、加工方向がとなっていますが引き上げの加工は基本的に可能です。

★:DCLN R/LとDWLN R/Lが使えます

チップのサイズを考えます。

チップの大きさ(刃の長さ)は普通…
    CNMGなら    1204XX
    DNMGなら    1504XX
    TNMGなら    1604XX

大きい加工物なら大きいチップ、小さい加工物なら小さいチップを使う。

                            ↓

バイトのタイプが決まったらそれ用のチップタイプも決まります。チップは普通サイズの12を選びます。
    CNMG  0903XX
               1204XX 
               1606XX
               1906XX

                            ↓

これでバイトの型番が確定します。

<答>
DCLNR2525M12    → 右勝手

加工作業を考えることで決まること

加工作業は全て2つに分けて考えます。
  1. 荒加工(仕上加工直前までの加工)には、荒加工用のブレーカーを選びます。
  2. 仕上加工には仕上加工用のブレーカーを選びます。

          ↓

チップのノーズR(半径)を決めます。

    荒加工:普通は0.8mmもしくは1.2(1.6)
    仕上加工:普通は0.4mmもしくは0.8(1.2)

          ↓

これでチップの型番が確定します。

<答>
    荒加工:CNMG120408-××○○○
    仕上加工:CNMG120404-××○○○            バイトは荒用、仕上用同じものを選定します。

加工物の材質によって決まること

鋼(P)、ステンレス鋼(M)、鋳鉄(K)の3分割で考えます。

この3種類の切削は、それぞれの切りくずの出かた(切りやすい、伸びる、バラバラ)や硬さの違いなどがあります。それぞれに適したチップブレーカーとチップ素材を選びます。(下表参照)

                            ↓

ブレーカーとチップの材種を決めます。
  ブレーカーチップ材種 
鋼(P)中荒加工○○×××CNMG120408-PM 4025
仕上加工○○×××CNMG120404-PF 4025
ステンレス鋼(M)中荒加工○○×××CNMG120408-MM 2025
仕上加工○○×××CNMG120404-MF 2025
鋳鉄(K)中荒加工○○×××CNMG120408-KM 3025
仕上加工○○×××CNMG120404-KF 3025

それぞれ最適切削条件を設定し切削する

切削条件はチップケースを見れば一目瞭然です。

チップケースに貼ってあるラベルには、ISOによる被削材の区分、適用領域、切削条件が記載されています。

チップケース

A:被削材、適用領域、切削条件
=ISO P、中荒加工、平均的条件

  • ap =切り込みmm/回転    第一推奨(範囲)
  • fn =送りmm/回転    第一推奨(範囲)
  • vc =切削速度m/分    第一推奨(範囲)

ラベルを見て、しっかり確認してください!