パンクズ工具の通販モノタロウ > グリス > グリスの種類と特長

グリスの種類と特長

グリース

ベアリングやギア、摺動箇所などの潤滑を行います。

グリップドライバー
特長

滴下、飛散が少ないです。また、異物の混入が防止できます。
頻繁に給油しなければならない箇所や給油困難な箇所に
適しています。
広範囲の温度に使用可能で、耐水使用や長期の保存が可能です。
また、増ちょう剤が配合されているため潤滑面への付着力が強く、潤滑油に比べ耐荷重性が強いです。

NLGIちょう度(材料の硬さ)番号
NLGI No.混和ちょう度状態
No.00400〜430半流動状
No.0355〜385極めて軟らかい
No.1310〜340軟らかい
No.2265〜295中間
No.3220〜250やや硬い

グリースの硬さを一般的に表す数値として、混和ちょう度を基にしたNLGIちょう度番号による区分があります。

シャーシグリース

シャーシグリース
特長
  • 車輌の下周りのグリース給油箇所に。
  • 耐水性、潤滑性に優れていて安価です。
  • 水分が含有されているので、雰囲気温度は80℃が限界です。

リチウムグリース

リチウムグリース
特長
  • 産業機械の回転、摺動部に。
  • 耐水性、耐熱性、潤滑性に優れています。オールマイティーに使用でき、
    適用範囲が広いです。
  • 雰囲気温度は、130℃まで使用可能です。

モリブデン入りリチウムグリース

モリブデン入りリチウムグリース
特長
  • ボールジョイントなど強い荷重がかかり、摩擦・摩耗が発生する箇所に。
  • 焼き付きが発生しやすい厳しい潤滑箇所に。
  • 特に耐摩擦・摩耗性に優れ、耐水性、耐熱性も有します。
  • 雰囲気温度は150℃まで使用可能です。
  • 使用箇所の各種条件を確認してください。
    ・機械の種類・速度・荷重・雰囲気温度・給油方法
  • 用途に合わせてタイプ(種類)と容量(g、ml)を選んでください。

『グリス/油用注入器』に関連するカテゴリ