パンクズ工具の通販モノタロウ > 内視鏡 > 工場用内視鏡の特長

工場用内視鏡の特長

目の届かない場所などの目視確認ができる管内検査カメラです。

工場用内視鏡
特長
  • 下水道の腐食・堆積物調査・更生工事、ガス管内の腐食・浸入水検査、プラントの各種配管内の点検鉄塔や橋梁の構造物点検、空調ダクトや給排気筒内の点検、工場内の配管腐食・残留物の確認など使用範囲は多岐にわたります。
  • ケーブル先端のLEDライト付カメラが配管内を照らし、モニターで目視確認することができます。
  • 人の手が届かない、見えない配管内部など幅広い現場で使用されています。
    使用例
拡張性
拡張性

単体での使用は勿論のこと管内検査カメラと組み合わせることで、モニターとしても利用できます。また、エクステンションケーブルを取り付けることでケーブルの延長が可能です。

データ保存タイプ
データ保存タイプ

内蔵メモリーの他に、SDカードに保存することや、USBケーブルでパソコンに接続することも可能な機種もあります。

注意事項
大半のカメラは手動で押し込むため、負荷をかけ過ぎるとケーブルが破損する可能性があります。
また、無理に引き抜いたりすると大変危険ですので作業には注意が必要です。また長く使用するために使用後は水洗い洗浄を行ってください。
  • 検査したい配管の大きさ(口径)を確認してください。
  • 配管や検査したい部位までの距離を確認し、ケーブル長さ(m)を選定してください。
  • 配管のエルボ(曲がり)が何ヵ所あるかを確認してください。
  • 使用環境や条件(防水、温度、薬品残留物の有無など)を確認してください。