オービタルサンダーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > オービタルサンダー > オービタルサンダーの種類と特長

オービタルサンダーの種類と特長

研磨ペーパーを付けて、塗装膜やパテの研磨をする空圧工具です。

オービタルサンダー
特長
  • ダブルアクションサンダーに比べると研削力は劣りますが、削りすぎないので扱いやすく力が平均的にかかるので、均一な研磨ができます。
  • 動きは角型のパッドがゆるやかな楕円の運動をします。
  • パテの研磨や木工研磨作業に多く使用されます。
  • 手の平サイズの超軽量・小型。
  • 環境に配慮した、作業時の粉じんや削りカスを吸収する吸じん式もあります。
  • <ワンハンドタイプ>
    手にすっぽりと収まり、作業性に優れます。
    使用例

パテとは…

へこみを埋めるために使用する粘土状のものです。乾燥させると硬化します。

オービタルサンダーの種類
オービタルサンダーの種類
  • ミニタイプ/ワンハンドタイプ(ペーパーサイズ 75mm×110mm)
    小面積のパテ研磨、仕上げ研磨などに使用
  • ワイドタイプ(ペーパーサイズ 100mm×180mm)
    広い面積のパテ研磨、面出し研磨などに使用
動き

ゆるやかな楕円の動きをするので、削り過ぎず、四角い面なので、平らな面を研磨するのに向いています。

確認箇所
  • 使用できる研磨ペーパーの取付方法、サイズ(mm)を確認してください。
  • 適切な空気圧力(MPa)のエア源を確保してご使用ください。
  • ホース口金取付ねじ寸法を確認してください。
  • 作業内容にあわせて機種を選定してください。
    ペーパーサイズ(研磨する面積に合わせる。)
    オービットダイヤ(大きいほど研削力が強く、小さいと仕上げ向き。)
  • 研磨した粉じんを吸引して袋にためる機能の付いた「吸じん式」と吸じん機能の無い「非吸じん式」があります。