エアーニッパーの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > エアーニッパー > エアーニッパーの種類と特長

エアーニッパーの種類と特長

コンプレッサーで圧縮した空気の力を利用して刃物を動かし、鉄線などを切る工具です。

エアーニッパー
  • スイッチ(レバー)を押すだけで、刃先が作動し、線材を切断します。軽量で扱いやすいです。
  • 手動ニッパーで作業するには大変な材料や大量の加工をする場合に使用します。
    使用例
替刃の種類
替刃の種類
  1. 樹脂切断作業用
  2. 圧着作業用
  3. クイキリ切断用

スライドエアーニッパー

スライドエアーニッパー
  • 自動機生産ラインなどで定型カットをする際に装置に組み込んで使用します。

ヒートエアーニッパー

ヒートエアーニッパー
  • 刃部を加熱するため、プラスチック製品や樹脂製品がゲート切断時に割れず、きれいに仕上がります。
  • 切断する物の材質(鉄・銅・ピアノ線、樹脂など)を確認して刃の種類を選んでください。
  • 切断能力(どれだけの太さ(mm)が切れるか)を確認してください。
  • 適切な空気圧力(MPa)のエアー源を確保してご使用ください。
  • 圧着作業では、端子に合わせた刃を選んでください。
  • ホース口金取付ねじ寸法を確認してください。

『切断・曲げ』に関連するカテゴリ