増圧器の特長と用途 【通販モノタロウ】

増圧器の特長と用途

増圧器

エアの圧力を増圧させる装置です。

増圧器
用途
  • 耐圧試験・エア漏れ検査などに使用します。
  • 低下した圧力を再度増圧させるために使用します。
仕組み
  • 電気を使用することなく、圧縮空気で増圧弁を
    作動させ、圧力を増圧させます。
  • 電気を使用しませんが圧縮空気を利用するため、
    出口空気量は減少します。
メンテナンス
  • 増圧弁手前のフィルター・フィルターエレメントの
    交換が必要です。
    (1年・6000時間・差圧が70KPaのいずれかを目安に
    早期交換をおすすめします。)
  • 増圧弁のオーバーホールが必要です。
    (使用頻度にもよりますが、約1~2年に1回)
特長
  • 一般的なエアコンプレッサーの圧力は0.7MPa程度ですが、
    もっと高い圧力を必要とする場合には増圧装置で圧力を
    上げることができます。(例:0.7MPa→増圧装置→1.2MPa)
  • エアコンプレッサーの圧力を0.1MPa下げると、
    電気代が約7~8%削減できます。
  • エアコンプレッサーの圧力を下げることにより、
    一部の機械で圧力不足になる可能性がありますが、
    圧力不足になる一部の機械の手前で増圧装置を使用する
    ことにより、工場全体の省エネがサポートができます。
  • 電源不要で圧縮空気を繋ぐだけで増圧することができます。
工場内配管図
工場内配管図
  • 入口圧力(接続したい配管内圧力)を確認してください。
  • 入口流量(接続したい配管内の空気流量)を確認してください。
  • 出口圧力(増圧させたい圧力)を確認してください。
  • 出口流量(使用する必要な流量)を確認してください。