軸付砥石の特長と選定ポイント 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 軸付砥石 > 軸付砥石の特長

軸付砥石の特長

ハンドグラインダーに取り付けて加工物を削ります。

軸付砥石
特長

様々な形状があるので、加工用途に合わせて幅広い選択ができます。
使用例

注意事項
オーバーハング
  • ・砥石の最高使用回転速度を超えて使用しないでください。
  • ・取り付けを完全に行ってください。オーバーハングは13mm以内にて使用してください。
  • ・小さな砥石でもカバーを取り付けてから作業を開始してください。
    ※外径50mm以上の砥石にはカバーが必要です。
  • ・ハンドグラインダーの点検は毎月行ってください。
    ※グラインダーの回転速度・軸ブレ・チャックの異常の有無を調べてください。
  • ・作業前には必ず試運転を行ってください。
    ※砥石を取り替えた時は3分間 作業開始時は1分間の試運転
    ※砥石の飛散方向に立たないでください。
  • ・砥石とハンドグラインダーの適合を確認してください。
    ※用途にあった砥石の選択
    ※砥石とグラインダーの回転速度の確認
    ※グラインダーと電源、電圧の確認 ※使用空気圧の確認
  • ・試運転と砥石の取り換えは有資格者にて行ってください。
確認箇所
  • 砥石の形状を確認してください。
  • サイズ(外径×厚さ×軸径×軸長)(mm)を確認してください。
  • 粒度(#)を確認してください。
  • 砥材を確認してください。
    A(一般鋼材、鋳物、炭素鋼の生材用)
    PA(ステンレス鋼、炭素工具鋼、合金工具鋼)
    WA(焼入鋼、高速度鋼、合金工具鋼)
    C(鋳物、非鉄、銅、アルミ)
    GC(石材、セラミックス、ガラス、超硬)
    SA(高速度鋼、合金工具鋼、特殊合金)
  • 硬度を確認してください。