工業材料の種類と使用例

製造の現場では様々な工業材料が加工され、使用されます。
使用目的と加工方法に応じて適切な材料を選びましょう。

材料の種類に応じた分類
工業材料
様々な現場で工業材料として使用されています
<工業用部品として>
      工業用部品として
<緩衝材として>
    緩衝材として
様々な形状に加工され、部品として使用されます。
また工作機械の緩衡材としても使用されます。
<騒音対策に>
      騒音対策に
<クッション材として>
        クッション材として
緩衡用・耐熱用・保護用・耐水用・吸音用などの用途があります。
シート状のため、様々な形状に加工しやすく、
あらゆる使用場所で活躍しています。
<断熱シートとして>
      断熱シートとして
<防水対策に>
  防水対策に
シリコンゴムやポリウレタン樹脂を発泡させて作られます。
形や用途は様々です。
フォーム状のものはクッション性に優れており、
保護材や緩衡材として使用されます。
  • 使用目的・使用環境を確認し、適切な材料を選んでください。
    (特に注意するポイント)
    ・機械的強度
    ・耐薬品性/耐アルカリ性・酸性
    ・硬さ
    ・耐熱性/耐寒性
    ・耐候性
    ・加工容易性など
  • 使用箇所・加工方法に応じて形状を選んでください。
    ・角形
    ・棒状・シート状
    ・発泡形状

『ねじ・ボルト・釘・ビス/素材』に関連するカテゴリ

『素材(切板・プレート・丸棒・パイプ・シート)』に関連するカテゴリ