パンクズ工具の通販モノタロウ > 専用棚 > 脚立の種類と使い方

脚立の種類と使い方

はしご兼用脚立

高所作業をする時の足場です。

はしご兼用脚立
特長

はしごとしても使用できます。電球交換から各種補修作業まで色々なシーンで使用できます。

足場に安定感のある脚立のみの専用脚立もあります。(天板高さは最大4m程度)

電設向け兼用脚立

電設向け兼用脚立
  • 特長
  • 耐電圧20000V以上です。
  • 支柱に絶縁材(グラスファイバー)を使用しており、通電しません。
  • はしご兼用脚立、専用脚立、両種類あります。

脚立の使い方

脚立にまたがらない、天板を使用しない
脚立にまたがらない

身体の前面を脚立の昇降面に向け、天板や踏ざんに身体を当て、安定させる。

天板を使用しない

2m未満の場合、上から2段目に。2m以上の場合は上から3段目の踏ざんに立つ。


開き止めを両側にかける
開き止めを両側にかける

両側の開き止めが確実にかかっているか、確認して昇降する。


表面で使用する
表面で使用する

表面を確認して、補助者がはしごをしっかりと押さえ安定させる。

注意事項
  • ・脚立での作業は、上から2段目以下の踏ざんで使用。
  • ・脚立の高さが2mを超えるものは上から3段目以下で使用。
  • ・はしご状態では必ず大人の補助者が支えてください。
  • 最大使用質量(耐荷重)(kg)を確認してください。
    JIS…100kg、130kgの規格があります。
  • タイプの選び方
    • ・作業高さ…脚立状態での作業ができる高さ
      ※作業高さのサイズは身長160cmの方を基準にしています。
    • ・接点までの高さ…はしご状態での接点から地面までの高さ
作業高さ脚立タイプ接点までの高さ
3.4mまで210cmタイプ3.7mまで
3.1mまで180cmタイプ3.1mまで
2.8mまで150cmタイプ2.5mまで
2.5mまで120cmタイプ1.9mまで
2.2mまで90cmタイプ1.3mまで

『脚立』に関連するカテゴリ